沖縄Plus

あなたの知っている沖縄の知識にPlusする。

沖縄小ネタ

本土復帰45年。建物の老朽化が深刻です

投稿日:2018年2月19日 更新日:

工事

街歩きをしていると、大きな建物の工事現場をよく見かけます。本土復帰から45年が経ち、建物が老朽化したり、耐震基準に合わなくなって建て直しが増えています。今日は大きな建物の老朽化や建て替えについて、まとめてみました。

那覇バスターミナル

モノレール旭橋駅周辺の再開発のために、平成27年4月から建て替え工事が始まりました。11階建ての複合施設になる予定で、県立図書館も移転することが決まっています。新しいバスターミナルの利用開始は平成30年の秋を予定していて、図書館などの施設は順次オープンする予定です。

沖縄ではあまり大型複合施設はうまく行っていないケースが多いので、是非ともうまく活用されることを期待します。

琉球新報社泉崎ビル

パレットくもじ、那覇バスターミナルのすぐそばの三角形の琉球新報社ビルは老朽化のため、2015年12月で閉館し、建て替え工事が始まりました。11階建ての新しい三角ビルになって、琉球新報社の本社機能だけでなく、ホールなど県民が利用できるスペースも作られ、平成30年秋にオープンの予定です。

那覇市民会館

那覇市民会館は老朽化し、震度6の地震で倒壊する恐れがあると判断された那覇市民会館は2016年10月から休館となりました。

那覇市立久茂地小学校跡地に新しい市民会館が建設される予定になっていて、2018年着工、2021年度開館を目指しています。

しかし、国際通りに近いので交通アクセスは良いものの交通渋滞などが不安視されています。また、現存する那覇市民会館をどうするかは決まっていません。建築デザインの美しい建物なので、保存して欲しいとの声も多いのですが、コンクリートが剥がれ落ちたので、「立ち入り禁止」と書いたフェンスで囲まれた状態で保存するのも、どうかと思ってしまいます。

また、せっかく新しく市民会館を作るのに、座席数が1,600席と言うのは小さいと思います。コンサートの場合、1,600席では採算が合わないのではないかと思います。すると、1枚当たりのチケット代が高額になってしまいます。

県内外からコンサートを見に来て欲しいと思っているのであれば、交通アクセスとチケット代のバランスは重要だと思います。

那覇市立病院

那覇市立病院は築36年が経過し、老朽化が問題になっています。2023年度をめどに建て替る予定としています。病院での診察や入院を続けたままの工事は難しいので、移転することになりそうですが、場所も病院機能も未定のようです。他の病院も老朽化が問題になっているところがあります。

牧志公設市場

那覇市民の台所と呼ばれ、最近では国内外の観光客も多数訪れる牧志公設市場は1950年に開設され、1972年に建て替えされました。築45年が経過し、老朽化が問題になったため、現在の位置に建て直すことが決定し、2022年の完成を目指しています。

仮店舗は「にぎわい広場」に作られることになり、にぎわい広場にあったくもじ児童館は緑ヶ丘公園に移転することになりました。市場移転に伴う様々なことはまだまだ調整が続いている状態です。市場周辺のお店も老朽化していると思われるので、こちらはどうするのでしょうか。私としては、沖縄県民も海外からの観光客全ての人が利用できる市場になって欲しいと思います。防災、バリアフリー化、多言語化がキーになると思います。

沖縄都ホテル

沖縄都ホテルは1974年に開業した老舗のホテルです。震度6強~7の地震で倒壊の危険性があると判断されたこともあって、外資系の企業に売却されました。2018年1月で営業を停止し、全面改装後2018年の夏に新しいホテルとして開業する予定になっています。

沖縄県や那覇市は他にもホテルロイヤルオリオン、パシフィックホテル沖縄(本棟)、南西観光ホテルを震度6強~7の地震で倒壊の危険性がある、または高い施設として公表しました。早急な対策が求められています。

建て直しに立ちはだかる問題

老朽化した建物は建て直しが必要ですが、様々な問題が立ちはだかります。

権利関係が複雑
農連市場がのうれんプラザになってオープンするまでに、計画されてから30年以上の年月がかかっています。また、旧三越がハピナハになりましたが、2017年6月で閉館となってしまいました。解体して新しい建物を建てる案もありましたが、権利関係の問題から計画が白紙になっています。
地盤の再調査が必要
どこでも建物を建てる場合は地盤調査が必要だと思いますが、沖縄の場合は地盤調査によって、「遺跡」が発見されたり、「不発弾」が見つかる場合もあります。遺跡や不発弾が発見されると工事の計画が変更になったり、工期が伸びてしまいます。
同時期に建てられた建物が多すぎる
本土復帰前後に建てられた建物や1975年の海洋博にあわせて開業したホテルなど、同時期に建てられた建物が多すぎると思います。建物が完成して30年、40年経てば老朽化が問題になります。今建て直しをするとまた30年後、40年後に同様の問題が生じると思います。また工事が集中すると人手不足になり、手抜き工事も誘発します。優先順位をつけて計画的に建物を建設することが重要だと思います。

-沖縄小ネタ

関連記事

旅行

沖縄から直行便で行けるお勧めの海外旅行

毎年多くの外国人観光客が訪れる沖縄。裏を返せば、沖縄から海外へのアクセスが便利だということ!特にアジア各国へのアクセスが便利な沖縄では、おすすめの海外旅行がこんなにたくさんあります。 沖縄発海外への直 …

野菜

沖縄のおいしい野菜

スーパーや市場に行くと知らない野菜がたくさんあって驚きます。沖縄は本当に食材が豊かです。今日は沖縄のおいしい野菜を紹介します。 ゴーヤー すっかり有名になったゴーヤー。独特の苦みがクセになるおいしさで …

トイレ

沖縄にはトイレに超強力な神様が住んでいる

沖縄で家の守り神といえば、シーサーが有名。ところが家の中には、シーサーよりもはるかに強力な力を持った神さまが、トイレの中に住んでいるのだといいます。沖縄に伝わるトイレの神さまの正体とは? 沖縄のトイレ …

マリンアクティビティ

沖縄で楽しみたいマリンスポーツ10選

一年を通して温暖な気候が続く沖縄では、マリンススポーツがものすごく充実しています。美しい海の楽しみ方が無限に広がっている沖縄を、思う存分楽しめるおすすめのマリンスポーツを紹介します。 定番中の定番!バ …

沖縄

沖縄で見つけたちょっと不思議な習慣

沖縄は、その昔、独立王国「琉球」として独自の文化で発展してきた場所。そのため、本土では見られないようなちょっと不思議な習慣が、今も数多く残っています。思わず「ホント?」といいたくなる習慣をご紹介! ぜ …