沖縄Plus

あなたの知っている沖縄の知識にPlusする。

沖縄の伝統・文化・歴史

沖縄の結婚式に欠かせない!?かぎやで風とは?

投稿日:2021年6月5日 更新日:

ハイビスカス

沖縄では、ごく普通の生活を送っていても三線の音色をよく聞きます。誰もが知っている曲はたくさんあるのですが、特に「かぎやで風」は覚えておいて損はなさそうです。早速ご紹介しましょう。

かぎやで風とは?

「かぎやで風」は、結婚式などの祝宴の冒頭に踊られます。なぜお祝いの席で踊られるのかと言うと、理由は歌詞を見るとわかります。歌詞をご紹介しますと

今日の誇らしゃや

なほにぎやなたてる

蕾で居る花の

露きやたごと

上の歌詞の意味は以下のようになります。

今日の誇らしい日は

何にたとえる事ができるだろう

蕾がついたお花に

露がついたようだ

結婚式にふさわしい曲だとわかりますね。結婚式の場合は、新郎・新婦のご親戚の方が踊ることが多いようです。

結婚式に限らず、学校の創立記念日の式典や成人式の式典、十三祝い、カジマヤーなどの時も披露されます。

もちろん、お正月も「かぎやで風」の曲がよく聞こえます。首里城ではお正月のイベントとして、伝統の舞踊が披露されましたが、この時も「かぎやで風」からスタートしました。

沖縄の伝統舞踊を琉舞と言います

沖縄の伝統舞踊を琉舞(琉球舞踊)と言います。琉舞は総称で、古典舞踊、雑踊り、組踊、創作舞踊などがあります。日本舞踊とも異なる独特のリズムと、華やかで幽玄な感じがとても魅力的です。

琉舞のルーツは神祭りや神歌で、やがて中国からの使者の冊封使(さっぽうし)を歓迎するために披露され、発達したと考えられます。琉球王府は「踊奉行(おどりぶぎょう)」という役職を設けていたそうで、いにしえの時代から琉舞を大切にしていたことがわかります。

「かぎやで風」は古典の曲なので、とてもゆっくりな曲なのですが、歌うのも、三線で演奏するのも踊るのも実は難しいのです。でも覚えておきたい曲なので、琉舞の教室もありますし、練習用のDVDなどもたくさん販売されています。

3月4日は一斉に演奏される!

3月4日は、「さんしんの日」です。この日は、正午の時報とともに読谷村の文化センター鳳ホールでは、舞台上と客席で一斉に「かぎやで風」を演奏します。

演奏家も一般客も一斉に「かぎやで風」を奏でるのは鳥肌が立つくらい感動的ですが、このイベントは鳳ホールだけではなく、沖縄県の各地で、いえ県内外で、国の内外で一斉に演奏されているのです。

世界中の人が心をひとつにして、同じ曲を演奏するのはとても壮大なロマンと言えます。平和でないと音楽は奏でられませんから。

シメはカチャーシー

お祝いのスタートが、きっちりした「かぎやで風」なのに対して、宴席のシメは「カチャーシー」です。

カチャーシーはかき混ぜるの意味で、両手をあげて空気をかき混ぜるようにして踊ります。こちらは踊りに特に決まりはないのが特徴で、「かぎやで風」とのギャップも興味深いです。

結婚式なら誰もが一緒になって踊りますし、那覇のお祭りの「那覇大綱挽」も「一万人エイサー」も最後にカチャーシーを踊ります。出演者も観客も、地元民も旅行者も、へだてなく一緒に踊るのは素晴らしいですね。「みんなで喜びをわかちあうこと」を全身で表現しているのだと思います。これこそが「お祭り」の神髄だと思います。

意味が分かってから「かぎやで風」の踊りを見ると、また違った感慨がありますね。

-沖縄の伝統・文化・歴史

関連記事

佐喜眞美術館

芸術を通して平和を学ぶ!【佐喜眞美術館】の魅力

普天間飛行場の一部返還によって1994年に開館した宜野湾市の佐喜眞美術館。ここでは平和学習のために訪れる修学旅行生の姿も多くみられます。芸術を通して平和を学ぶ佐喜眞美術館の魅力とは? ありのままの沖縄 …

タンカーユーエー

1歳のお祝いに行われる沖縄の伝統行事タンカーユーエーとは?やり方は?

先日、知人のお子さんが1歳の誕生日を迎えました。また那覇在住の友人には赤ちゃんが生まれました。私のまわりは、お祝いムード満点の今日この頃です。沖縄では、1歳のお祝いに「タンカーユーエー」をします。 タ …

シーサー

沖縄にはシーサーよりもっとびっくりな家の守り神がいた!

沖縄の守り神といえば、シーサー。地元では取り立てて珍しくもないシーサーですが、初めて見る人には、鋭い目つきと表情にびっくりすることも…。でも沖縄には、もっとびっくりな家の守り神がいます。 危険度0%の …

首里城

琉球王国最後の国王のその後とは?

琉球王国は、明治政府による琉球処分を受けるまでの450年間、国王が国の象徴として君臨していました。長い琉球の歴史の最期の国王となったのが、尚泰王。彼の激動の人生を追ってみます。 琉球最後の国王・尚泰王 …

シーサー

宮古島の偉人・与那覇勢頭豊見親

沖縄県内でも独特の文化と言語をもつ宮古島。この宮古島にも、多くの伝説を持つ偉人が存在します。その一人が、与那覇勢頭豊見親。彼は、乱世の宮古島を、どのようにして平和な島へと導いたのでしょうか? 与那覇勢 …